企業結合会計基準の改正に伴う「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則及び連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則の一部を改正する内閣府令」等の公表について

2019年4月26日、金融庁から、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則及び連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則の一部を改正する内閣府令」等が公表されました。
 その具体的な内容は、以下の通りです。
1. 企業会計基準委員会が策定・公表した企業会計基準第21号「企業結合に関する会計基準」(2019年1月16日公表)を踏まえ、財務諸表等規則及び連結財務諸表規則について所要の改正を行う。
2. 企業会計基準委員会が2019年1月16日に公表した、企業会計基準第21号「企業結合に関する会計基準」を、財務諸表等規則第1条第3項及び連結財務諸表規則第1条第3項に規定する一般に公正妥当と認められる企業会計の基準とする。
3. 国際会計基準審議会が2018年12月31日までに公表した次の国際会計基準を、連結財務諸表規則第93条に規定する指定国際会計基準とする。
2018年10月22日公表
 国際財務報告基準(IFRS)第3号「企業結合」
2018年10月31日公表
 国際会計基準(IAS)第1号「財務諸表の表示」
 国際会計基準(IAS)第8号「会計方針、会計上の見積りの変更及び誤謬」
4. 企業会計基準委員会が2018年12月31日までに公表した次の修正国際基準を、連結財務諸表規則第94条に規定する修正国際基準とする。
  2018年10月22日公表
   修正国際基準の適用
適用時期
 上記1については、公布の日から施行し、2019年4月1日以後に開始する事業年度において行われる企業結合について適用する。
 上記2〜4については、公布の日から適用する。

金融庁ウェブサイト
https://www.fsa.go.jp/news/30/sonota/20190219_zaiki.html

カテゴリ: