IASBが「投資企業」(IFRS第10号、IFRS第12号及びIAS第27号の修正)を公表

国際会計基準審議会(IASB)は、平成24年10月31日、「投資企業」(IFRS第10号、IFRS第12号及びIAS第27号の修正)を公表しました。

修正の概要は以下のとおりとなっています。
IASBでは「投資企業」という用語を、その事業の目的が資本増価、投資収益又はその両方からのリターンのためだけに資金を投資する企業を指すために使用し、投資企業は、投資の成果を公正価値ベースで評価しなければならないとしています。こうした企業には、プライベート・エクイティ企業、ベンチャー・キャピタル企業、年金基金、ソブリン・ウェルス・ファンド及び他の投資ファンドが含まれます。

IFRS第10号「連結財務諸表」では、報告企業は、支配しているすべての投資先(すなわち、すべての子会社)を連結することが求められていました。しかし、財務諸表の作成者及び利用者は、投資企業の子会社を連結することは投資者に有用な情報をもたらさないと指摘し、むしろ、子会社を含めてすべての投資を公正価値で報告する方が、最も有用で目的適合性のある情報を提供するとしました。

これに対応して、「投資企業」の修正は、IFRS第10号における連結に関する要求事項に対する例外を設け、特定の子会社を連結せずに純損益を通じて公正価値で測定することを投資企業に要求し、投資企業に対する開示要求も示しています。


企業会計基準委員会(ASBJ)ホームページ
https://www.asb.or.jp/asb/asb_j/iasb/standards/ias2012/comments20121031.jsp;jsessionid=52BD24ED95724FD6A7C6CC4E3F29AFAD

カテゴリ: