企業会計基準公開草案第44号(企業会計基準第22号の改正案)「連結財務諸表に関する会計基準(案)」等の公表について

企業会計基準委員会から、「連結財務諸表に関する会計基準(案)」等が公表されました。コメント期間は平成22年11月4日までとなっています。

今回の改正は、国際会計基準審議会(IASB)の連結プロジェクトに関する作業計画が当初の予定よりも延期したことを契機に、短期的に一部の特別目的会社の取扱いを改善することとしたものです。

従来、一定の要件を満たす特別目的会社については、当該特別目的会社に対する出資者及び当該特別目的会社に資産を譲渡した会社の子会社に該当しないものと推定するという取り扱いでした。
今般の改正では、この取り扱いを「当該特別目的会社に資産を譲渡した会社」に限定して適用し、「当該特別目的会社に対する出資者」については削除することとされています。したがって改正後は、当該特別目的会社が、出資者の子会社に該当することもありえることになります。

他の改正点としては、「連結の範囲に含めた特別目的会社のノンリコース債務の注記」等があります。

なお、この改正とは別に、IASBにおいて開発中の連結基準とのコンバージェンスは、今後も進めていくとのことです。


企業会計基準委員会ホームページ
https://www.asb.or.jp/asb/asb_j/documents/exposure_draft/spe-tanki/

カテゴリ: