企業会計基準第25号「包括利益の表示に関する会計基準」及び関連する他の改正会計基準の公表について

企業会計基準委員会から、平成22年6月30日に「包括利益の表示に関する会計基準」が公表されました。
これと関連して企業会計基準第22号「連結財務諸表に関する会計基準」の一部改正なども平成22年6月30日に公表されています。

 【包括利益会計基準】
・ 税効果金額や組替調整額の注記を除き、2011年(平成23年)3月31日以後終了する連結会計年度に係る連結財務諸表から適用するが、早期適用も可能(包括利益会計基準12項)。

・ 税効果金額や組替調整額の注記項目については、平成24年3月31日以後に終了する連結会計年度の年度末に係る連結財務諸表から適用する。また、この注記に関しても上記の適用時期に合わせて早期適用することができる(包括利益会計基準13項)。

・ なお、本会計基準の個別財務諸表への適用については、本会計基準の公表から1年後を目途に判断する(包括利益会計基準14項)。

 【連結会計基準】
・ 「連結損益及び包括利益計算書」(1計算書方式の場合)、「連結包括利益計算書」(2計算書方式の場合)の表示方法の規定を追加(連結会計基準38-2項)

 【四半期会計基準】
・ 四半期連結財務諸表、四半期財務諸表の範囲に『「四半期連結損益及び包括利益計算書」、「四半期個別損益及び包括利益計算書」』(1計算書方式)、『「四半期連結包括利益計算書」、「四半期個別損益計算書」』(2計算書方式)を追加(四半期会計基準5、6項)


企業会計基準委員会ホームページ
https://www.asb.or.jp/asb/asb_j/documents/docs/hokatu/

カテゴリ: