当社代表取締役社長 旬刊経理情報2009年11月10日号に論文掲載

旬刊経理情報 2009年11月10日号 No.1231
「財務制限条項の開示分析」 代表取締役社長 吉永康樹

2009年4月に財務諸表等規則の改正があり、財務制限条項が「継続企業の前提に重要な疑義を生じさせる事象又は状況」として有価証券報告書の「事業等のリスク」その他に記載される場合があることになり、昨今財務制限条項の開示の重要性が増している。

本稿は2009年3月期の有価証券報告書で財務制限条項が設定されていると開示した上場会社219社の開示事例を分析し、財務制限条項の内容と、企業ごとに大きなバラツキが見られる現在の開示状況を概観し、あるべき開示の方向性を探る。
  

カテゴリ: